スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯よりもガイガーカウンター?!

YouTube
市販の腐葉土から高い放射線

これからは、携帯忘れてもガイガーカウンターは忘れちゃいけない世の中に?!

この先、気になる農地のこと

5月24日 産経ニュース
農地の除染試験、8月めどに効果検証
 試験に使う農地は、福島県内の畑約1・5ヘクタールと水田約1・5ヘクタールの計約3ヘクタールを予定。田植え前の田んぼから泥水を抜き、ゼオライトなどの吸着剤で水中の放射性セシウムを取り除く方法や、芝を生やして刈り取り、表土ごと除去する方法などを試して効果を確認する。このほか、ヒマワリなど放射性物質を吸いあげる植物を植えて、浄化する手法も試みる。
政府は先月22日に、警戒区域、計画的避難区域、緊急時避難準備区域に含まれる12市町村に稲の作付け制限を指示。この12市町村の農地面積は約2万6千ヘクタールで、農水省の担当者は「うまく技術が確立されれば、福島県の農地の放射性物質除去へ大規模な展開に進みたい」と話している。



4月23日 asahi.com
放射能汚染土壌、菜の花で再生 チェルノブイリで試行
 ただ、菜の花も万能ではない。ディードフ氏は「水に溶けやすい性質の放射性物質は吸収するが、それ以外の放射性物質は土の中に残り、完全な土壌浄化にはならない」と指摘する。
 また、「チェルノブイリ救援・中部」の竹内高明さんは「福島の場合は放射性物質が土壌表面に集中しているが、チェルノブイリ周辺は30~40センチの深さまで入り込んでいる。菜の花で同じ吸収効果があるかはさらに分析が必要」と言う。



原子力システム研究懇話会  村主 進
チェルノブイリ事故における環境対応策とその修復
(2) 汚染土地で生産する飼料作物の変更
 植物によって放射性セシウムの吸収割合が異なる。例えば人参、キャベツはエンドウ豆の約20%、馬鈴薯、インゲン豆はエンドウ豆の約40%である。そこで放射性セシウムの吸収の大きいルピナス、エンドウ豆、ソバ、クローバーのような家畜の飼料植物は耕作しないこととした。

 ベラルーシでは汚染した区域で菜種が育てられた。これは動物の飼料として菜種油および蛋白質ケーキ(protein cake)を作るためである。アブラナ属は他のものより137Csおよび90Srの吸収率が2~3倍低いことが知られている。その上菜種の成長期に追加化成肥料(石灰6t/ha、およびN90P90K180で肥沃化したもの)を施肥すると放射性セシウムと放射性ヨウ素の吸収を約2桁程度低くすることが出来る。菜種の加工においても放射性セシウムと放射性ストロンチウムが効果的に除去され、残存量は無視される程度であった。
 この方法での菜種油製造は汚染土地利用において最も効率的で経済的な方法であり、かつ農家と加工業に利益をもたらすことが分かった。
 過去10年間で菜種の耕作は4倍、22,000ha(ヘクタール)まで増加した。



上の資料の中に「流通除外されたミルクは粉ミルク、チーズ、バター等に加工することが指示された」という一文があるのですが、加工したら食べても問題ないの?


続きを読む

日本全体の信用にかかわる

6月2日 産経ニュース
「荒茶」出荷停止 静岡県知事「検査しない」 消費者団体は「検査は当然」
静岡県知事のこの発言を知った際、静岡県知事はいったい何を考えているのか?と思いましたが、フランスで静岡県産茶葉から規制値を超す放射性セシウムが検出されたとのことです。
日本全体の印象を悪くすることはやめてもらいたいものです。


6月18日 読売新聞
仏で静岡産茶葉から規制値超す放射性セシウム
日本の厚生労働省は茶葉の出荷制限の基準となる暫定規制値を1キロ・グラム当たり500ベクレルと定めているにもかかわらず、1キロ・グラム当たり1038ベクレルの放射性セシウムが検出されたと仏政府から発表されたそうです。


6月18日 asahi.com
静岡知事「飲用茶にすれば問題ない」 仏での検出受け


◆世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル

続きを読む

給食:茨城と横浜 親心と風評被害

以前書いたが、横浜市の給食には福島産の野菜が使われている
一方、茨城県鹿嶋市では学校給食に県産食材の使用を見送っているとのこと。
2011年5月29日 読売新聞
茨城・鹿嶋市、県産食材の給食使用を見合わせ
市教委はホームページでも、学校給食の食材について「摂取制限や出荷制限が出されている食材は使用していない」「当面は、西日本産を中心に食材を発注」「牛乳は福島産や茨城産原乳は使用していない」などとうたっている。

鹿嶋市教委の対応について、茨城県内の原乳メーカーは「風評被害を払拭するためにみんなで頑張っているときに、県産品に問題があるように公表するのはおかしい」と憤る。県からも「県産の農産物に不安を抱き、風評被害につながる恐れもある」(食の安全対策室)との声が聞かれる。


作家の室井佑月さんはNHK『あさイチ』の5月26日の生放送中に「子供たちに福島の野菜を給食で食べさせるなんてかわいそう」と発言。
福島県内の放射能について「政府、東京電力の発表よりも危険な状態のはず」と信じる視聴者は室井さんの発言に賛同し、風評被害に苦しむ県内の農家を案じる人々は室井発言に真っ向から反発したとのこと。
 室井佑月さん発言の動画
http://www.youtube.com/watch?v=TZus05o1Hdg
http://www.youtube.com/watch?v=kdRnsbfWKyE
http://www.youtube.com/watch?v=62xKhHiTBgY
http://www.youtube.com/watch?v=AZBEzXpLPaw
http://www.youtube.com/watch?v=sjBjmkWwxng


中部大学の武田邦彦教授やソフトバンクの孫社長も給食に関する発言をしているようです。
2011年5月28日 J-CASTニュース
室井佑月、武田邦彦、孫正義の疑問 「福島県産を給食に使うべきでない
テレビ出演でも知られる武田邦彦中部大教授は、4月にブログで、福島を中心にした学校が地産地消の食材を使っていることを批判。食品安全などに使われる国の暫定規制値の100分の1の考え方に基づき、福島県産などはそれ以上の食材が多いとして、給食に出すべきではないと主張している。
そして、孫正義ソフトバンク社長は、ツイッターで5月18日、武田教授の発言を元に、「給食か弁当の選択の自由を提供していないとすれば大問題」と断じた。

記事中に「放射性物質不検出の食材を優先、弁当も可」とありますが、「放射性物質不検出の食材を優先」って当たり前でしょう。

武田邦彦 (中部大学)
■給食 法律上(規制値以下の)汚染された食材は使えない!
■科学者の日記110520 哀しい茶葉の検査拒否
■厳しい問題・・・茨城産の農作物は安全か?

放射能について正しく学ぼう
世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル

今までなら輸入を禁止にしていた基準があったのに国内産で基準値越えがでたら、いきなりの基準値爆上。
風評被害との意見もありますが、心配するのも当然のことではないでしょうか。
心配なら洗えば・・・との新聞記事も見ましたが、水そのものが危ないとも言われています。
そもそも全てを調査しているわけではないですし、なるべく安全な産地のものを求めるのが親心ではないでしょうか。


京都大学原子炉実験所 助教 小出裕章先生の放送内容より
7f22ca37-s.jpg
※単位[1万人・Sv]とは1万人が1Svの被曝をした場合
(=10万人が100mSv=100万人が10mSv被曝)

放射線ガン死年齢依存性
10mSv被爆で…
00歳 1.5%
10歳 1.0%
30歳 0.4%
50歳 0.005%

上は内部被爆ではないですが、やはり大人(50歳以上)とは比べものにならないくらい子供の影響は大きいです。

「健康にはただちに影響しないレベル」らしいから、国会議事堂の議員食堂で食べるのが一番なのではないでしょうか。
よくあるように厚生省の食堂とか・・・それだけではさばけないから、経産省とか他の省庁の全ての食堂でもいいかもしれません。
もしくは、○0代以上専用食堂でも作ったらいいかもね。

続きを読む

本当に安全なの?

Infosecurity.jp
神奈川県横浜市の学校給食、『福島産のキャベツ,もやし,きゅうり,アスパラガス,牛肉』を使用」 

(財)横浜市学校給食会
給食用物資の産地(5月使用予定分)」(pdf)
   国は、原子力災害対策特別措置法に基づき、
   食品衛生法の暫定規制値をオーバーした農産物を
   出荷しないように指示しているため、
   市場には流通していません。


でも、基準値変更したりしていますからねぇ・・・
本当に安全なのでしょうか。
個人的には、国会議事堂の議員食堂などで使用して、
議員の皆さんで食べていただきたい。
なるべく子供には食べさせたくないと思いますが。


チェルノブイリ原発事故その10年後 23」YouTube
13:02頃
子供は1kg当たり37べクレル以上の放射能を含む食品をは食べてはいけません。」
日本の基準
1kg当たり2000べクレルまで食べてもただちに健康に影響はありません。」

魚介類にも放射線ヨウ素の暫定基準値、1キロあたり2000ベクレル」 AFP BB News
政府は5日、東京電力(Tokyo Electric Power Co.、TEPCO)福島第1原子力発電所の事故を受け、これまで定められていなかった魚介類の放射性ヨウ素の暫定基準値を1キロあたり2000ベクレルに決めたと発表した。
 枝野幸男(Yukio Edano)官房長官は同日の記者会見で、これまで魚介類の放射性ヨウ素の基準はなかったため、暫定的に野菜の基準を適用した述べた。




「チェルノブイリ原発事故その10年後 23」の中で、原子物理学者のワシーリー・ネステレンコ氏が
「原発を保有している国々はチェルノブイリの事故からなんの教訓を得なかったように思います」(08:17頃)と話していますが、おっしゃる通りのような気がします。





続きはリンク先元記事のコピー

続きを読む

電力使用状況&電気予報

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。