スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発って、高コストなんじゃないの??

YAHOO!ニュース 読売新聞
2011.7.3
20年後の電気料金、原発撤退なら月2千円増
東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、原発存続の行方が注目される中、日本学術会議の分科会(委員長=北沢宏一・科学技術振興機構理事長)は、原発の撤退から現状維持・推進まで六つの政策の選択肢ごとに、標準家庭(1か月約6000円)の電気料金が、どれくらい増えるかの試算をまとめた。

 現在、稼働中の原発が定期検査を迎える来夏までに全原発が停止した場合は、火力発電に切り替えた後、温室効果ガスを減らす再生可能エネルギーの比率を高めていく。国際的な削減目標を達成するための対策が本格化する2030年には、標準家庭1か月の電気料金の上乗せは、2121円と算出した。


この北沢宏一なるお方が、どのような人物なのか?と調べてみたらこんなものを見つけた。

北澤 宏一(日本学術会議 東日本大震災対策委員会「エネルギー政策の選択肢分科会」委員長)
◆原発ないと日本は本当にやっていけないか


こんな記事も発見。
nikkansports.com
東電の原発収益4兆円弱 教授が試算
東京電力がこれまでに原発部門全体で得た事業報酬(収益)は4兆円弱で、福島第1原発事故の賠償額はこれと同レベルか、賠償額に足りない可能性があるとの試算結果を、立命館大の大島堅一教授が28日までにまとめた。

 国内の原発の電気は水力や火力発電より割高だとの試算結果も得られ、原発推進の大きな根拠とされていた経済性への疑問が強まった形だ。


こんなのも。
2011.7.3 毎日jp
脱原発:50年の経済影響なし 東京大准教授試算
現在、日本の電源は原発約3割、火力約6割、太陽光を含むその他が約1割。試算では、太陽光パネルの寿命は20年で、発電量は年率1%で劣化するとした。50年までの電力需要を考慮し、(1)原発を段階的に廃止し、その分を太陽光が代替する(2)原発はそのままで、太陽光が普及していく分、火力を減らす(3)原発はそのままで、太陽光は住宅への普及限度の1000万戸まで増え、その分の火力が減る--の3ケースで分析した。

でも、太陽光って天気の悪い日が続いたら、どうなるのでしょうか?


それから、河野太郎氏の2011年4月28日のブログ「トップを副社長で天下りさせていただくと...」から一部抜粋。
「で、だれがコストを計算するのかというと、電力会社。で、それが正しいかどうかのチェックはとたずねると、自由化したので、料金は申請主義。

それなら電力会社は勝手に好き放題できるじゃないかとたずねると、そうならないように、(トップを電力会社に副社長で天下りさせていただいている)エネ庁が電力会社の決算と見比べて、かけ離れたものにならないようにチェックしている(ふりをしている)。」




原子力による発電は・・・揚水発電との係わりや送電ロス(高圧送電線の費用)等、廃炉にするにも時間やお金も必要なうえ、建設地域にばら撒かれる費用や事故を起こした場合の費用等々を考えてみると圧倒的に高コストな気がするのですが。


よくわかる原子力
http://www.nuketext.org/index.html

続きを読む

もんじゅ引き抜き完了

6月24日 asahi.com
もんじゅ炉内落下の装置、引き抜き完了
落下していたのは、核燃料のプルトニウムを装着するときに使う「炉内中継装置」(直径46センチ、長さ12メートル)で、引き抜き作業は予定より7時間近く遅れた23日午後8時50分から始まった。装置は昨年8月に落下した衝撃で変形したため、炉の開口部のさやと一緒に、クレーンでつり上げた。約8時間かけ、24日午前4時55分に引き抜いた。

気になるのは、やはりこの一文でしょう。
炉内に脱落した部品がなければ、今年度中に試験運転を再開したい構えだ

YAHOO!ニュース 読売新聞
「「もんじゅ」炉内落下の装置、回収完了
高速増殖炉は、国がエネルギー政策の柱と位置づける「核燃料サイクル」の要となる施設。このトラブルで機構は、2012年度内としていたもんじゅの本格運転開始時期を13年度内に変更し、今年度中に発電を伴う出力40%での試験運転を行う計画だ。ただ福島第一原発事故を受け、福井県や敦賀市は安全確保を強く求めており、計画がずれ込む可能性もある。



6月19日の読売新聞にはこんな記事も出ていました。
「もんじゅ」厳しい視線
もんじゅは、プルトニウム燃料を生み出す必要から、冷却材として液体金属のナトリウムを使用。水や空気に触れると燃える性質があるため、これまでは、ナトリウムが流れる配管破断などの安全対策が注視されていた。
 福島第一原発では炉心にいかに水を注入するかが課題となっているが、もんじゅは水を使えない。全電源を失った場合、蒸気発生器につながる2次冷却系の配管の弁が自動で閉じ、ナトリウムが「空気冷却器」に流れるよう、自然循環モードに切り替わる。
 運転時の1次系ナトリウムの熱は約530度。解析では、停止時に2次系ナトリウムに伝わるこの熱が、配管を外気にさらしている空気冷却器内を流れて温度を下げ、1次系ナトリウムが、3日間で250度以下の低温停止状態になるという。ただ、本当に機能するかどうか、実際に運転してみないと分からない。
 同検討委員会では、「冷やしすぎてナトリウムが固まる恐れがあるのでは」「電源喪失を伴う大事故であれば配管からナトリウムが漏れるのではないか」――。想定外の事故に対するもんじゅへの不安は尽きなかった。1、2次冷却系の配管は3ルートあり、いずれも自然循環が機能しない「想定外」の事態になれば、現システムで打つ手はない。

機構は事故後も今年度内に予定する出力40%試験運転を「計画通りに進めたい」(鈴木篤之理事長)とするが、県や敦賀市は安全確保を慎重に見極める方針で、先行きの不透明感が増している。福島の事故後、緊急時の手順書の見直し作業などを進める弟子丸剛英・もんじゅ技術部長は改めて気を引き締める。「もんじゅで事故が起きれば、将来のエネルギー確保に必要と信じる高速増殖炉の開発は終わってしまう」。(藤戸健志)

えっと・・・
確か、既に誤作動や事故起きていますよね?


こちらは、2011年2月5日の産経ニュース
「もんじゅ」復旧工事に追加費用9億4000万円
機構によると、約9億4000万円は原子炉容器内の装置回収に使う器具の製造や、回収後の装置の検査などにかかる費用で、1月28日に東芝と工事契約を結んだ。平成23年度の国の予算案に盛り込まれている。



とりあえず、無事に引き抜くことができてよかったです。

平成23年 6月24日
独立行政法人日本原子力研究開発機構  敦賀本部
高速増殖原型炉もんじゅ炉内中継装置の引抜き作業の完了について(お知らせ)」(pdf)






続きを読む

すごい金額。

敦賀市に3億8230万円寄付 日本原電、道路整備費
敦賀市の中心部と敦賀原発を結ぶ県道のバイパスで、2009年度から7年計画で総延長3.8キロを整備する。市によると、09年度に調査費として460万円の寄付を受け、10年度は用地買収費と設計費用として受け取った。数十億円の総事業費は全額、同社からの寄付でまかなう。


日本原子力発電株式会社
平成22年度決算概況について」(pdf)


2つの話?が思い浮かんだ。
まずは、
原発への警鐘 (講談社文庫)
この中で書かれている「敦賀市の高木孝一市長(当時)が、石川県羽咋郡志賀町で開催された「原発推進の講演会」で講演した内容について。
・「率直に言うなれば、一年一回ぐらいは、あんなことがあればいいがなあ、そういうふうなのが敦賀の町の現状なんです。笑い話のようですが、もうそんなんでホクホクなんですよ。」
・(原発ができると電源三法交付金が貰えるが)その他に貰うお金はお互いに詮索せずにおこう。
(裏金のことに口を出すと)原子力発電所にしろ、電力会社にしろ、対応しきれんだろうから、これはお互いにもう口外せず、自分は自分なりに、ひとつやっていこうじゃないか
・まあそんな訳で短大は建つわ、高校は出来るわ、50億円で運動公園は出来るわね。火葬場はボツボツ私も歳になってきたから、これも今、あのカネで計画しておる、といったようなことで、そりゃあもうまったくタナボタ式の街づくりが出来るんじゃなかろうか、と、そういうことで私は皆さんに(原発を)お薦めしたい。
・えー、その代わりに100年経って片輪が生まれてくるやら、50年後に生まれた子供が全部片輪になるやら、それはわかりませんよ。わかりませんけど、今の段階では(原発を)おやりになった方がよいのではなかろうか。
 これを知った時は、びっくりとやっぱりとどちらもまぁあったのですが、びっくりの最大の要因は、こういった市長の話の後に「会場大拍手」やら「会場爆笑」があるということだ。
 
日本の原発、どこで間違えたのか日本の原発、どこで間違えたのか
(2011/04/20)
内橋克人

商品詳細を見る

※「日本の原発、どこで間違えたのか」は、「原発への警鐘」の復刻本ともいえる


もうひとつのお話は・・・
◆時代劇?
典型的なお話で、「越後屋、おぬしも悪よのう、ふぉっ、ほっ、ほっ、ほっ・・・」ってやつだ。
まぁ、こちらはどうでもいいですね。


敦賀市といえば高速増殖原型炉「もんじゅ」があるが、5月下旬から開始された落下装置の引き抜き作業、こちらはどうなっているのか?と思ったのですが、経過は見つからず。
昨年12月に非常用ディーゼル発電機のシリンダーにひび割れが見つかったトラブルの原因は判明した模様。

6月3日 産経ニュース
作業ミスとシリンダー強度不足が原因 「もんじゅ」非常用発電機故障


高速炉もんじゅ落下装置引き上げは工学的無理という人もいるようで・・・


ちなみに
もんじゅの年間維持費は500億円


今年、2月の出来事です。
もんじゅ課長「死」の意味」 AERA-net.jp

続きを読む

動き出すのか

作業員が足りなくなる・・・」で取り上げた
福島原発 暴発阻止 プロジェクト」が実現に向けて動き出しているようだ。

スポーツ報知 6月7日
海江田氏、60歳超元技術者の復旧作業参加へ賛同
同プロジェクトの山田恭暉(やすてる)さん(72)が同日午後、海江田万里経産相(62)と会談。海江田氏は「熱が冷めないうちにスタートしましょう」と趣旨に賛同し、早期実現に向けて関係各所に指示を出すことを約束した。
 4月上旬に立ち上がった同プロジェクトは、牧山弘恵参院議員(47)ら国会議員の支援を受け、5月26日には山田さん、細野豪志首相補佐官(39)、東電幹部との三者面談が実現。東電側も前向きな姿勢で、最終的なゴーサインは政府が出すことになる。


福島原発 暴発阻止 プロジェクト
http://bouhatsusoshi.jp/

続きを読む

わたしもそう思います

YOMIURI ONLINE
【島根】「保安院当てにならない」住民の不満続出
島根原発(松江市鹿島町)の津波対策などについて理解を得ようと、中国電力や経済産業省原子力安全・保安院の担当者は25日、松江市役所で、市と市議会などに説明。安全性を強調したが、出席者からは批判や不満の声が相次いだ。

午後からは市内の自治会長ら約45人が出席した安全対策協議会があり、ここでも厳しい意見が続出。「浜岡原発を止めたのなら島根原発も止めてほしい」「今回の事故で当てにならないと思われた保安院が『安全です』と言っても、県民はそうは思わない」などといった声が上がっていた。

続きを読む

電力使用状況&電気予報

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。