スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発再開に新指針

2011.7.7 YOMIURI ONLINE
首相、唐突に新指針作成指示…原発再開で

数日前のNHKで原発の裁判にかかわった二人の裁判官の方のお話を放送していました。
そのうちのひとり、井戸謙一さんは原発差し止め判決を下したにも関わらず、国や原子力安全委員会等は見直しを行わなかった。

井戸謙一さんのインタビュー(「朝日新聞」 2011年6月2日付)を載せたブログがあったので、勝手にリンクさせていただきます。
どこへ行く、日本。(政治に無関心な国民は愚かな政治家に支配される)
国民が愚かな政治家に支配されないように情報発信を続けたい。
<インタビュー>司法と原発/原発差し止め判決を下した元裁判官・井戸謙一さん




首相、唐突に新指針作成指示…原発再開で

 菅首相は6日の衆院予算委員会で、運転停止中の九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)をはじめとする全国各地の原発再稼働について「(安全性確保の)新たなルールを作り、国民が納得できる判断が出るよう、海江田経済産業相と細野原発相に指示を出している」と述べ、再稼働の是非を判断するため、原発の耐久性を調べるストレステスト(耐性検査)を含め、新たな基準やルールの作成を関係閣僚に指示したことを明らかにした。 新ルール策定まで、再稼働の判断を留保する考えを示したものだが、政府の方針転換を意味する首相の唐突な発言に、原発を抱える自治体などでは困惑が広がっている。


 玄海原発を巡っては、海江田氏が6月29日に佐賀県を訪れ、運転再開について「国が責任を持つ」と地元自治体に確約した経緯がある。首相の発言は、政権の迷走ぶりを露呈しただけでなく、「場当たり的で、関係自治体を混乱させる」(民主党中堅)との批判も招いている。7月中旬を予定していた同原発の再稼働決定が遅れるのも必至だ。

 首相は答弁で、原発再稼働について、東京電力福島第一原発事故を踏まえ、「従来のルールなら経産省原子力安全・保安院、経産相の判断で(再稼働を判断)できるが、国民に納得をいただくのは難しい」と指摘。そのうえで、「ストレステストも含め、日本のすべての原発を共通のルールでチェックできるような形を検討してくれと(経産相らに)指示した」と説明した。

(2011年7月7日01時59分 読売新聞)
スポンサーサイト
Secret

電力使用状況&電気予報

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。