スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電社員にやらせればいい

2011.4.22 asahi.com
中小20万事業所に「節電サポーター」派遣へ 経産省
経済産業省は、東京電力と東北電力管内の今夏の電力不足対策として、中小企業やビルなど20万カ所に節電方法を助言する「節電サポーター」を派遣する。

この節電サポーターには巨額の費用が・・・
2011.4.24 livedoorニュース
【話題】節電に37億円以上の予算かける経産省に呆れる声続々
朝日新聞社によると経済産業省は、東京電力と東北電力管内の今夏の電力不足対策として、中小企業やビルなど20万カ所に節電方法を助言する「節電サポーター」を派遣するという。この第一次補正予算案に37億円を計上した

驚きは大口の企業向け。なんと100億円を計上。自家発電設備を増やしてもらうため、設備を新増設したり休眠状態から再稼働したりするときに費用の2分の1~3分の1を補助するという。


恥ずかしながら、今日まで知りませんでした・・・
こんなの節電のお願いとともに東電社員にやらせればいいのではないでしょうか。








中小20万事業所に「節電サポーター」派遣へ 経産省

経済産業省は、東京電力と東北電力管内の今夏の電力不足対策として、中小企業やビルなど20万カ所に節電方法を助言する「節電サポーター」を派遣する。
 第1次補正予算案に37億円を計上した。電気主任技術者ら専門家2千~3千人を5~6月にかけ、契約電力500キロワット未満の中小・零細企業などに訪問させ、電力使用のピーク削減の方法を助言する。こうした小口の需要家は、電気事業法に基づく電力使用制限令の対象にならず、時間帯ごとの細かい使用実態の把握も難しいため、支援が必要と判断した。
 大口の企業向けには100億円を計上。自家発電設備を増やしてもらうため、設備を新増設したり休眠状態から再稼働したりするときに費用の2分の1~3分の1を補助する。
【2011.4.22 asahi.com】


【話題】節電に37億円以上の予算かける経産省に呆れる声続々

朝日新聞社によると経済産業省は、東京電力と東北電力管内の今夏の電力不足対策として、中小企業やビルなど20万カ所に節電方法を助言する「節電サポーター」を派遣するという。この第一次補正予算案に37億円を計上した。この話題に、ネットでは税金の無駄遣いという声があがっている。
同案では、電気主任技術者ら専門家2千~3千人を5~6月にかけ、契約電力500キロワット未満の中小・零細企業などに訪問させ、電力使用のピーク削減の方法を助言する。こうした小口の需要家は、電気事業法に基づく電力使用制限令の対象にならず、時間帯ごとの細かい使用実態の把握も難しいため、支援が必要と判断した。
驚きは大口の企業向け。なんと100億円を計上。自家発電設備を増やしてもらうため、設備を新増設したり休眠状態から再稼働したりするときに費用の2分の1~3分の1を補助するという。
経産省では、すでに節電の啓蒙Webページを作成している。東京電力内にも用意されているが、当然ここにも予算がかかっている。
中小企業は、電気代などは細かくチェックしているのが当たり前。社内事情や節減案も知らないサポーターに、税金できてもらったところで、たいしたアドバイスは受けられないと考えるのは編者だけだろうか。
■ニュース元
http://www.asahi.com/politics/update/0422/TKY201104220524.html
【2011.4.24 livedoorニュース 家事チャンネル】
スポンサーサイト
Secret

電力使用状況&電気予報

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。