スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この先、気になる農地のこと

5月24日 産経ニュース
農地の除染試験、8月めどに効果検証
 試験に使う農地は、福島県内の畑約1・5ヘクタールと水田約1・5ヘクタールの計約3ヘクタールを予定。田植え前の田んぼから泥水を抜き、ゼオライトなどの吸着剤で水中の放射性セシウムを取り除く方法や、芝を生やして刈り取り、表土ごと除去する方法などを試して効果を確認する。このほか、ヒマワリなど放射性物質を吸いあげる植物を植えて、浄化する手法も試みる。
政府は先月22日に、警戒区域、計画的避難区域、緊急時避難準備区域に含まれる12市町村に稲の作付け制限を指示。この12市町村の農地面積は約2万6千ヘクタールで、農水省の担当者は「うまく技術が確立されれば、福島県の農地の放射性物質除去へ大規模な展開に進みたい」と話している。



4月23日 asahi.com
放射能汚染土壌、菜の花で再生 チェルノブイリで試行
 ただ、菜の花も万能ではない。ディードフ氏は「水に溶けやすい性質の放射性物質は吸収するが、それ以外の放射性物質は土の中に残り、完全な土壌浄化にはならない」と指摘する。
 また、「チェルノブイリ救援・中部」の竹内高明さんは「福島の場合は放射性物質が土壌表面に集中しているが、チェルノブイリ周辺は30~40センチの深さまで入り込んでいる。菜の花で同じ吸収効果があるかはさらに分析が必要」と言う。



原子力システム研究懇話会  村主 進
チェルノブイリ事故における環境対応策とその修復
(2) 汚染土地で生産する飼料作物の変更
 植物によって放射性セシウムの吸収割合が異なる。例えば人参、キャベツはエンドウ豆の約20%、馬鈴薯、インゲン豆はエンドウ豆の約40%である。そこで放射性セシウムの吸収の大きいルピナス、エンドウ豆、ソバ、クローバーのような家畜の飼料植物は耕作しないこととした。

 ベラルーシでは汚染した区域で菜種が育てられた。これは動物の飼料として菜種油および蛋白質ケーキ(protein cake)を作るためである。アブラナ属は他のものより137Csおよび90Srの吸収率が2~3倍低いことが知られている。その上菜種の成長期に追加化成肥料(石灰6t/ha、およびN90P90K180で肥沃化したもの)を施肥すると放射性セシウムと放射性ヨウ素の吸収を約2桁程度低くすることが出来る。菜種の加工においても放射性セシウムと放射性ストロンチウムが効果的に除去され、残存量は無視される程度であった。
 この方法での菜種油製造は汚染土地利用において最も効率的で経済的な方法であり、かつ農家と加工業に利益をもたらすことが分かった。
 過去10年間で菜種の耕作は4倍、22,000ha(ヘクタール)まで増加した。



上の資料の中に「流通除外されたミルクは粉ミルク、チーズ、バター等に加工することが指示された」という一文があるのですが、加工したら食べても問題ないの?





農地の除染試験、8月めどに効果検証
2011.5.24 21:32
 東京電力福島第1原発事故の影響で、農地が放射性物質に汚染され稲の作付け制限などが行われているのを受け、農林水産省と福島県は24日、農地土壌の除染技術を開発するため、28日から福島県内で実証試験を開始すると発表した。8月末をめどに効果を検証する。
 試験に使う農地は、福島県内の畑約1・5ヘクタールと水田約1・5ヘクタールの計約3ヘクタールを予定。田植え前の田んぼから泥水を抜き、ゼオライトなどの吸着剤で水中の放射性セシウムを取り除く方法や、芝を生やして刈り取り、表土ごと除去する方法などを試して効果を確認する。このほか、ヒマワリなど放射性物質を吸いあげる植物を植えて、浄化する手法も試みる。
 政府は先月22日に、警戒区域、計画的避難区域、緊急時避難準備区域に含まれる12市町村に稲の作付け制限を指示。この12市町村の農地面積は約2万6千ヘクタールで、農水省の担当者は「うまく技術が確立されれば、福島県の農地の放射性物質除去へ大規模な展開に進みたい」と話している。
 実証試験開始のため、今月28日に同県飯舘村で初会合を開く予定。
【産経ニュース】



放射能汚染土壌、菜の花で再生 チェルノブイリで試行2011年4月23日10時40分

菜の花による土壌改良を進めている農地で放射線量を計測するディードフ准教授=ウクライナ北部、玉川写す
 旧ソ連・ウクライナのチェルノブイリ原発事故で汚染された農地で、放射性物質をよく吸収する菜の花で土壌を「再生」する試みが続いている。福島第一原発事故の被災地への応用が期待されており、22日、篠原孝・農林水産副大臣が現地を視察した。
 1986年に事故を起こしたチェルノブイリ原発から約70キロのウクライナ北部ナロジチ地区。ソ連時代は小麦などの穀倉地帯だったが、事故による放射能汚染で農地の大半が作物栽培禁止区域となった。
 2007年、NPO法人「チェルノブイリ救援・中部」(名古屋市)が地元の大学などと連携し、汚染された農地約18ヘクタールで菜の花の栽培を開始。菜の花が成長過程で土中の放射性セシウムやストロンチウムを根から吸収し、茎などに蓄える性質を利用し、土壌汚染の改善状況などを調べている。
 地元の国立農業生態学大学のディードフ准教授によると、菜の花を植えた後の土壌で小麦を栽培したところ、収穫した小麦に含まれる放射性物質の量は、何もしていない場合の半分程度に抑えられたという。
 菜の花から収穫した菜種でディーゼル燃料を、茎や菜種の搾りかすからバイオガスをつくる実験も進めている。いずれも放射性物質は出ていないという。
 ただ、菜の花も万能ではない。ディードフ氏は「水に溶けやすい性質の放射性物質は吸収するが、それ以外の放射性物質は土の中に残り、完全な土壌浄化にはならない」と指摘する。
 また、「チェルノブイリ救援・中部」の竹内高明さんは「福島の場合は放射性物質が土壌表面に集中しているが、チェルノブイリ周辺は30~40センチの深さまで入り込んでいる。菜の花で同じ吸収効果があるかはさらに分析が必要」と言う。
 篠原副大臣は「汚染土壌の改良が簡単でないことは分かった。福島での実用化も視野に、放射性物質をよく吸収する作物、そうでない作物は何かなどを徹底的に調査したい」と述べた。(ナロジチ=玉川透)
【asahi.com】
スポンサーサイト
Secret

電力使用状況&電気予報

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。