スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興のためにも日本の企業でお願いします

ソフトバンクの孫社長がいろいろと動き回っているようですね。
6月20日 聯合ニュース
孫正義氏、ソウルで世界にエネルギー政策変化訴え
また、韓国はサムスンやLGなど世界的な大企業を有する技術力が優れた国だと評価し、向こう30~40年を見据え、再生可能エネルギーに対する投資を増やすべきだと促した。


6月21日 中央日報日本語版
孫正義 「韓国企業と提携して‘オリエンタル特級プロジェクト’推進」


THINKING LIVE シンキングライブ
サムスン電子、太陽電池生産,15年に300万kw、20倍/10年、ソフトバンク、太陽光発電大規模参入


こんなモメゴトがあるようです。
asahi.com
「ソフトバンク接続料高すぎ」ドコモが紛争処理委に申請


東洋経済
ドコモとソフトバンク 接続料をめぐり火花
単価は、設備維持の費用などをベースにして、事業者が個別に設定できる。10年度は、ドコモの提示が1分当たり5・22円でソフトバンクは7・62円。このままなら、ドコモが150億円多く支払うことになるという。

見えない算出根拠

 そもそもソフトバンクは、10年度以前からドコモやKDDIより単価を高く設定していた。シェア25%以上を有するドコモとKDDIの場合、総務省の接続料規則に基づいて算出することが義務づけられているが、ソフトバンクは対象外。算出には恣意的な判断を行う余地が大きく、「突出して高い料金に不自然さを感じる」(業界関係者)との声は少なくない


孫社長は「自然エネルギーで発電された電力の全量買取制度を義務づける」ことを主張していると聞きました。
その際に、きちんとした買い取り価格の根拠は示されるのでしょうか?
「固定価格の買取制度」が狙いとも聞きます。
高価格で設定されたまま何年間も見直しなし、なんてことにならないでしょうか?


「がんばろう、日本」
「ひとつになろう」
「絆」
です。
日本の企業が持たない技術であれば、話は別です。
が、そうではありません。
日本全体の復興のためにも、日本の企業を、日本の技術を活用してください。


こんなブログも見つけました。
「中韓を知りすぎた男」
孫正義氏の野望、日本が危ない
ソフトバンク孫正義の正体?





孫正義氏、ソウルで世界にエネルギー政策変化訴え

孫正義氏、ソウルで世界にエネルギー政策変化訴え 2011/06/20 11:57 KST文字拡大 文字縮小印刷 【ソウル聯合ニュース】日本のソフトバンクの孫正義社長が、東日本大震災で被災した福島第1原子力発電所の事故を鏡とし各国が従来のエネルギー政策を変えるべきだとの考えを示した。
 韓国政府と経済協力開発機構(OECD)が共同開催する「グローバルグリーン成長サミット」がソウルで20日に開幕。開会式に出席した孫社長は、基調演説を行った。日本で起きた事故により海と大気を汚染したことを韓国をはじめ隣接国に申し訳なく思い、またこれを機に、もう原子力エネルギーに依存してはならないと考えたと述べた。
 日本では現在、再生可能エネルギーの比率を高めるため法案づくりを進めるなど、変化の動きが見えていると説明。韓国のエネルギー政策に干渉することはできないとしながらも、こうした状況は十分に参考になるだろうと述べた。
 また、韓国はサムスンやLGなど世界的な大企業を有する技術力が優れた国だと評価し、向こう30~40年を見据え、再生可能エネルギーに対する投資を増やすべきだと促した。
【聯合ニュース】



孫正義 「韓国企業と提携して‘オリエンタル特級プロジェクト’推進」
2011年06月21日08時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
李明博大統領が20日、「グローバルグリーン成長サミット2011」で孫正義会長と対話している。
孫正義ソフトバンク会長(54)が19歳の時に立てた人生計画がある。「20代に名前が知られ、30代に事業資金を用意し、40代に大勝負に出た後、50代に事業を完成させる」。
自分との約束どおり50代に成功を収めた孫孫正義氏が20日、ソウル獎忠洞(チャンチュンドン)の新羅ホテルに現れた。母国で行った11年ぶりの公式記者懇談会だ。
孫氏は「韓国企業と提携して‘オリエンタル特級プロジェクト’を行う」と明らかにした。韓国の主要情報技術(IT)企業と共同でアジア全域を狙った各種事業を繰り広げるという腹案だ。
懇談会の圧巻は「ソフトバンク30年ビジョン」をテーマにした1時間50分間のプレゼンテーション。孫氏は「30年のビジョンを立てるためにツイッターを始めた。フォロワーに悲しみまたは喜びの源泉が何かを尋ね、それを土台に答えを見つけた」と伝えた。「まとめてみると、人間の幸せの源泉は感動、苦痛の根本は孤独だった。情報革命を通して、国境・人種・言語はもちろん、時間と空間という制約から人間を解放させ、孤独ではなく幸せを感じさせるのが私たちのビジョン」と話した。
孫氏は現在、日本で最も多くのフォロワー(120万人)を持つツイッター使用者だ。孫氏は続いて「30年後を知ろうとすれば、300年後を見なければならない」と語った。特有の哲学的かつ妄想家的な気質を表したのだ。
孫氏が眺める300年後の世の中が興味深い。「ITが驚くほど発達し、人間とコンピューターの知能差が現在の人間とアメーバの差よりも大きく開くと予想される。地球上の生物種よりロボットの種類がもっと多くなり、自然災害・テロ・ウイルスのように人の力では解決できない問題を引き受けることになる。ロボットは人類の敵ではなくパートナーになるだろう」。
若者に助言したい言葉を尋ねると、孫氏は「志を持たなければならない。自分自身ではなく人の幸せのため志を持つ時、大きな成就がある」と答えた。孫氏は「19歳の時、事業哲学と50年の人生計画を立てた後、これに向かって進んできた」と強調した。
韓国政府と経済協力開発機構(OECD)が共同主催する「グローバル グリーン成長サミット2011」に出席するために訪韓した孫氏は、懇談会の前、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で李明博(イ・ミョンバク)大統領にも会った。孫氏は「韓国・日本・中国が力を合わせてモンゴルのゴビ砂漠の太陽熱を活用した大規模な再生エネルギープロジェクトを推進しよう」と李大統領に建議した。
金相浹(キム・サンヒョプ)青瓦台グリーン成長環境秘書官は「ヨーロッパと中東の電力需要の15%を砂漠の太陽エネルギーに変えるという‘デザテック(DESERTEC)’プロジェクトの韓日中バージョンの‘ゴビテック(Gobitech)’」と説明した。




「ソフトバンク接続料高すぎ」ドコモが紛争処理委に申請2011年5月18日20時57分

 NTTドコモは18日、ドコモの利用者がソフトバンクモバイルの携帯電話にかけた際に払う接続料の算定根拠を開示するよう求め、総務省の電気通信事業紛争処理委員会にあっせんを申請した。接続料が高すぎるとしており、引き下げにつながればドコモの利用者全体の料金を下げるという。
 接続料をめぐって携帯大手があっせんを申請するのは初めて。ドコモ側は接続料の格差を問題視。接続料を高くしたソフトバンクが、その収益を使い、自社の顧客間の無料通話サービスなどを実現していると主張している。
 接続料は携帯各社が個別に設定する。2010年度は近距離1分あたりでドコモは5.22円、KDDIは6.24円、ソフトバンクモバイルは7.62円、イー・モバイルは7.80円。実績を踏まえて後から支払う仕組みだ。現状の額なら、ドコモとソフトバンクとでやりとりする10年度分は、ドコモ側の負担が150億円多くなるという。ドコモは接続料の引き下げをソフトバンクに迫り、自社の料金引き下げにつなげる考えだ。
【asahi.com】


スポンサーサイト
Secret

電力使用状況&電気予報

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。