スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごみ処理と発電

2011年6月15日 読売新聞
頼れる「ごみ発電」…23区で3万世帯分カバー

ごみを燃やす際にどうせ熱が発生するのだから、その熱を発電に使えないのか?というのは、そう単純な話ではないらしい。
技術の発達やらでも変わってくるのだろうが、いろいろと見ているとプラスチックの扱いについての議論がけっこうある。

とりあえず、こんなのを見つけた。
ごみ発電で、どれくらいの電力kが作れるの?
プラスチックのリサイクル 20の? より~



頼れる「ごみ発電」…23区で3万世帯分カバー


ごみの焼却エネルギーで稼働する発電機室(墨田区の墨田清掃工場で)=武藤要撮影 東京電力福島第一原子力発電所事故で夏の電力不足が予想される中、自治体の清掃工場の「ごみ発電」が存在感を増している。

 東京二十三区や横浜市、名古屋市で、焼却熱による発電を今夏の需要ピーク時に増やす計画を立てている。

 東京二十三区清掃一部事務組合の清掃工場20か所の発電能力は最大約25万キロ・ワットと中規模の火力発電所に匹敵する。実際の発電量はこの半分程度で、工場でも自家消費するため、東電の送電網を通じた売電量は今年の7~9月で平均5・2万キロ・ワットと計画していた。しかし、冷房需要が高まる夏場に電力不足が深刻化する懸念があるため、最大9・6万キロ・ワットと2倍近くに引き上げることにした。

 まず、7月中旬から8月中旬に予定されていた補修工事をずらして休止炉を減らすほか、焼却炉へのごみ投入量を夜間は少なく、日中は多くして、電力需要が高まる昼間の発電量を増やす。また、焼却灰を減らす灰溶融施設のうち、電気式のものを7~9月に停止して薬剤処理などに切り替え、工場での消費も減らす。こうして売電量を増やす予定で、約3万世帯分を、ごみエネルギーで賄う計算になる。

(2011年6月15日14時34分 読売新聞)
スポンサーサイト
Secret

電力使用状況&電気予報

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。