スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つらつらと・・・

そのむかし、オイルショックというものが起きた際には、深夜のテレビ放送がなくなったという。
今回は、昼間の電力足りませんという事態になっている。
それならば、昼間のテレビ放送を止めてもいいのではないでしょうか?

だって、在宅時の節電。
「テレビを見ない」って、結構上位になると思います。

エアコンは「我慢する」って思いますが、
テレビは「見ない」でいいですもん。
私の場合、パソコンは・・・「使わない」よりも「我慢する」に近いですが、
テレビは「見ない」でいいですもの。

だって、緊急性を要する大事な情報なら携帯からだって入手可能ですし、
それほどの重大事なら町内放送みたいのも流れるでしょう。
ラジオだってありますし。

それに一般夕刊紙。
節電除外するほどのものですか?
15%節電でいいじゃないですか。
自動車だって、家電だって、その他諸々製造業等が15%節電なのに、
除外するほど重要なものなのでしょうか。
本当に安定的な経済活動・社会生活に不可欠な施設で
人流・物流等への影響が大きく電力の使用時間帯が変えられない需要設備



あと気になるのは、サマータイム?
シエスタとるならわかるけど、
電力消費量のピーク時にはあまり影響ない気がします。
それに付随?して、営業開始を早くする外食産業。
電力消費量のピーク時にはあまりかからないのかもしれませんが、
営業時間が延びたら、節電するの大変じゃないですか?
どれくらい効果があるのかわからないけれど、
せっかく企業がサマータイム導入しても、
他で電力消費量を上げたら、なんの意味もない気がします。
計画停電20時まで予定されているのですが・・・
実施する場合の計画停電予定」(pdf)
※2頁目


それから、在宅勤務。
電力を消費する場所が、会社→個人宅になるだけでは・・・?
会社が需給調整契約していて違反したら罰則あるけど、
個人宅はないですものね。
23区内なら、冷房つけ放題でお仕事できちゃいます。

スポンサーサイト
Secret

電力使用状況&電気予報

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。