スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪番で各地域が自主的に節電すればいいんじゃない?

どうも政府だか経産省だか経団連だかよくわからないけれど、需給調整契約を活用したくないようですね。
まぁ、わかるような気はします。

もう、いっそのこと入院施設のある病院等を除いて、すべて順番に地域ごとに2時間毎の自主停電にしちゃったらどうですかねぇ・・・
連続操業がいい工場等は、土日祭日、お盆の期間を除いた日に振り替えればOK。
為替や証券関連も、10月以降の祭日は営業にして7月~9月に振り替えちゃえばいい。
米国や欧州の祭日に合わせるなり、ずらすなりして考えればいいでしょう。
該当時間に外出予定のある人は、冷蔵庫以外の使用は原則禁止。
ペットが・・・という人は、誰かに預けるなりすればよい。

そうすれば、どの地域の信号だって消えない。
地域格差も生まれない。


それにしても、需給調整契約を使わないならただの割引契約。
一般家庭にだって、もっと安い価格で電力を供給してもいいのではないでしょうか?
だって、東電止めたら電気代安くなるらしいですよ。
東電やめたら電気代3割節約 立川競輪場、契約先変更で」asahi.com





東電やめたら電気代3割節約 立川競輪場、契約先変更で
2011年6月4日

 東京都立川市が運営する立川競輪場(同市曙町3丁目)が2010年度、電気の購入先を東京電力から特定規模電気事業者(PPS)に替えたところ、電気料金を前年度の3割近く節約できたことがわかった。予想以上の「効果」に、市は見直しの対象を拡大。今年度は、小・中学校など53施設が東電以外と契約した。

 PPSは「電力の自由化」を生かし、自前の発電所などから調達した電気を売る新規事業者。市行政経営課によると、PPSから競輪場に提案があり、経費節減の一環として電気の購入先を見直すことになった。入札の結果、住友商事系のサミットエナジー(本社・中央区)が東電に競り勝った。

 競輪場の電気料金は、東電と契約していた09年度は約6200万円。だが、10年度は約4500万円に下がり、電気代を約27%節約できたことになる。市によると、気候の変動もあって単純比較はできないが、単価が安くなった点が効果として表れているという。

 市は見直しの範囲を拡大。今年度は市立の小・中学校や地域学習館、福祉施設など53施設を3グループに分け、グループごとに契約先を検討。それぞれ異なるPPSから電気を買うことにした。

 今年度は契約先を選ぶ際、価格だけでなく、発電に伴う二酸化炭素の排出量など環境にどれだけ優しいかも基準にした。それでも今のところ、電気代2割弱の節約が見込めるという。

 節約の成功例として、立川市には他の自治体から問い合わせが来ている。同課の田中準也課長は「これほど節約できるとは当初考えていなかった。最大限の見直しを進めているが、今のところ不便はない」と話す。昨年5月に開庁した市役所新庁舎についても、今後見直しを検討していくという。(大西史晃)
【asahi.com】
スポンサーサイト
Secret

電力使用状況&電気予報

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。