スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全府省の取り組みは暢気ですね

政府の節電実行基本方針」(pdf)というものがあります。
2ページめの(2)節電に係る具体的取組 ①全府省共通取組事項の注意事項として
室温を29℃に引き上げる場合には、熱中症の発症の危険性や心身への負荷が高まらないよう十分な工夫を行い、適切な換気や扇風機の使用等により風通しを良くするなど室内環境への配慮の徹底、作業強度の適切な管理などを行う。」とあります。

工場等では、機械を稼動させるためにエアコンを止めなければならない可能性もあります。
たとえ「安定的な経済活動・社会生活に不可欠な施設」であろうと。
いくら「企業の工場と本社などで使用電力を合算し、合計15%減れば節電を達成したとみなす仕組み」を導入しても、室温を28度以下にすることは難しいかもしれません。
「需給調整契約」をしている以上は、仕方がない?

では、計画停電の対象地域は?
「室温を29℃に引き上げる場合には・・・」って、強制的に電気を止められたら自動的に室温は上がります。
29度以上になることもあるかもしれません。
だって、ものすごおく暑い日に電気が足りなくなって、セーフティーネットとしての計画停電を実施するのですから。「需給調整契約」をしていなくて、高い電気料金を払っている多くの人たちも犠牲になります。
その地域での「生命・身体の安全確保」はどのようにしてなされるのでしょう?

是非とも、政府あるいは経産省、または東電に「計画停電が実施された場合の生命・身体の安全確保等についての取り組み」を教えてもらいたいものです。

25%→15%→対象外の拡大
23区も組み入れる→23区除外

節電率も節電対象も縮小一方ですが、6月上旬に発表される計画停電の対象地域は本当に拡大されるのでしょうか?
スポンサーサイト
Secret

電力使用状況&電気予報

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。