スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に安全なの?

Infosecurity.jp
神奈川県横浜市の学校給食、『福島産のキャベツ,もやし,きゅうり,アスパラガス,牛肉』を使用」 

(財)横浜市学校給食会
給食用物資の産地(5月使用予定分)」(pdf)
   国は、原子力災害対策特別措置法に基づき、
   食品衛生法の暫定規制値をオーバーした農産物を
   出荷しないように指示しているため、
   市場には流通していません。


でも、基準値変更したりしていますからねぇ・・・
本当に安全なのでしょうか。
個人的には、国会議事堂の議員食堂などで使用して、
議員の皆さんで食べていただきたい。
なるべく子供には食べさせたくないと思いますが。


チェルノブイリ原発事故その10年後 23」YouTube
13:02頃
子供は1kg当たり37べクレル以上の放射能を含む食品をは食べてはいけません。」
日本の基準
1kg当たり2000べクレルまで食べてもただちに健康に影響はありません。」

魚介類にも放射線ヨウ素の暫定基準値、1キロあたり2000ベクレル」 AFP BB News
政府は5日、東京電力(Tokyo Electric Power Co.、TEPCO)福島第1原子力発電所の事故を受け、これまで定められていなかった魚介類の放射性ヨウ素の暫定基準値を1キロあたり2000ベクレルに決めたと発表した。
 枝野幸男(Yukio Edano)官房長官は同日の記者会見で、これまで魚介類の放射性ヨウ素の基準はなかったため、暫定的に野菜の基準を適用した述べた。




「チェルノブイリ原発事故その10年後 23」の中で、原子物理学者のワシーリー・ネステレンコ氏が
「原発を保有している国々はチェルノブイリの事故からなんの教訓を得なかったように思います」(08:17頃)と話していますが、おっしゃる通りのような気がします。





続きはリンク先元記事のコピー



魚介類にも放射線ヨウ素の暫定基準値、1キロあたり2000ベクレル
2011年04月05日 21:43 発信地:東京

【4月5日 AFP】政府は5日、東京電力(Tokyo Electric Power Co.、TEPCO)福島第1原子力発電所の事故を受け、これまで定められていなかった魚介類の放射性ヨウ素の暫定基準値を1キロあたり2000ベクレルに決めたと発表した。

 枝野幸男(Yukio Edano)官房長官は同日の記者会見で、これまで魚介類の放射性ヨウ素の基準はなかったため、暫定的に野菜の基準を適用した述べた。

 すでに野菜や乳製品、キノコ類では基準値を超える放射性ヨウ素が検出されて出荷停止措置が取られたものもある。政府は当初、海に入った放射性物質は海水で希釈されるので魚介類が汚染される危険性は比較的低いと述べていた。

 また、茨城県沖で取れたコウナゴから高いレベルの放射性ヨウ素が検出されたことから、政府はより広い海域で放射線の監視を強めることを決めた。茨城県内の漁業関係者はコウナゴ漁の自粛を決めた。福島第1原発から半径20キロ圏内の海域ではすでに漁は禁止されている。

 漁業関係者の間では、なんの相談もないまま汚染水の海への放出が決まったと憤る声も上がっている。汚染水の海洋放出については韓国政府も懸念を示している。

スポンサーサイト
Secret

電力使用状況&電気予報

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。