スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてそうなるの?

専門家派遣遅れ「本当に失敗だった」班目氏反省」 読売新聞4月28日(木)1時37分

内閣府原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長は27日、衆院決算行政監視委員会に参考人として出席し、東京電力福島第一原子力発電所の事故発生後、原子力安全の専門家の現地派遣が遅れたことを認めたうえで、「本当に失敗だったと反省しております」と述べた。
 国の防災基本計画では、原子力災害の発生時には、同委の「緊急事態応急対策調査委員」ら専門家を現地に派遣すると定めている。しかし、この日の同委員会で、班目委員長は、地震発生直後に現地に派遣したのは事務局職員1人だけだったと説明。結果的に、安全委が政府の現地対策本部(福島市)に専門家2人を派遣したのは4月17日で、班目委員長は「大変遅くなってしまった」と対応の遅れを認めた。

地震発生直後に事務局職員は派遣できたのに、なぜ専門家は1ヶ月以上も経たないと派遣できなかったのでしょう?


原子力安全委員会HPより
東京電力(株)福島第一原子力発電所における事故等への原子力安全委員会の対応について」 
④ 現地での活動
  原子力安全委員及び緊急事態応急対策調査委員が原子力災害現地対策本部に赴き、
  関係省庁と意見交換を行うとともに、福島第一原子力発電所に自ら出向き、
  現場の状況をつぶさに把握


確かに日付は書かれていません。


<原子力安全委員会の紹介>
○原子力安全委員会について
○原子力安全委員会委員の紹介
○原子力安全委員会の組織、体制
原子力の安全確保と原子力安全委員会の役割
○原子力安全委員会の活動計画と政策評価
○原子力安全に関する国民との対話の促進
○原子力安全委員会の活動風景

東電だけではなくて、原子力安全委員会の責任も大きいと思います。
スポンサーサイト
Secret

電力使用状況&電気予報

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。