スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反省

東京都議会の民主党は、都内にある清涼飲料水の自動販売機を対象に独自の条例案を議会に提案する方針を明らかにしたそうです。
都内の自販機 規制条例提案へ」 NHKニュース

これによると
ことしの7月から9月に限って、東京都内にある自動販売機の電力の使用をやめる時間帯を午前10時から午後9時までの11時間に拡大するよう求めています」とのこと。

なるほど。
14日に「飲料用自販機」で、スーパーの中やコンビにの前の自販機や同じ会社の自販機が並んでいる場合は止めてもいいのでは?と書きましたが、この発想はもしや・・・一部に負担を強いる計画停電?!
都の条例は、みんなで節電!ということでしょうか。
エコベンダー」というものがあるそうなので、なるほど、この手がありましたね。







追記はリンク先元記事のコピー



都内の自販機 規制条例提案へ
4月14日 18時11分
東京電力の管内で夏場の電力不足が懸念されるなか、東京都議会の民主党は、都内にある清涼飲料水の自動販売機を対象に、この夏、日中を中心に電力の使用をやめるよう求める独自の条例案を議会に提案する方針を明らかにしました。

これは、東京都議会で最大勢力の民主党の会派が14日に明らかにしました。清涼飲料水の自動販売機には、毎年、夏場の平日は電力需要がピークになる午後1時から4時まで電力の使用を自動的にカットして節電する機能がすでに備えられています。都議会の民主党会派の条例案では、この試みをさらに拡大して、ことしの7月から9月に限って、東京都内にある自動販売機の電力の使用をやめる時間帯を午前10時から午後9時までの11時間に拡大するよう求めています。記者会見した民主党会派の大沢昇幹事長は「この夏、緊急に計画停電が実施される可能性が残っている以上、さらなる対策が必要だ」と説明しています。東京都では、石原知事が、電力の消費の多い自動販売機を規制すべきだという考えを、今月、示したばかりです。民主党の会派はこの条例案をことし6月までに都議会に提出する方針ですが、「自動販売機や清涼飲料水の業界に今回の事態を招いた責任はなく、条例に従わなかった場合の罰則などは慎重に検討したい。業界がさらなる規制に乗り出せば条例の提案を見送ることも検討する」としています。

夏場の電力需要不足への対策
東京電力の原発事故に伴う電力供給不足により、各方面において電力消費を抑える方策が実施されています。自販機業界におきましても照明を24時間消灯しております。
夏場には相当の電力が不足することが予測され、自販機の稼動を停止すべきとのご指摘も受けております。実は、夏場の昼間には缶・PET清涼飲料自販機は、従前より冷却機の運転を停止しています。これは、夏場の電力需給を平準化するために1995年より電力会社とともに実施しているもので、エコベンダーと呼ばれています。
電力需要がピークに達するのは、オフィスや家庭などでエアコンが一斉に付けられる夏場の平日午後1時~4時の間です。今回予測されている電力の不足もこの間に起こるものと考えられます。
缶・PET清涼飲料自販機は、7~9月の3ヶ月間の平日は、電力需要の少ない午前中から午後1時に商品を冷やしこみ、午後1~4時の3時間は冷却機の運転を停止するピークカット機能を有しています。照明も消していますので、この3時間に使用する電力は、紙幣や硬貨の識別などに使用する微量の電力と待機電力のみで、1台あたり17Wに過ぎません。
ピークカット機能は、自販機に内蔵されるマイコンでカレンダー制御され、出荷時設定となっています。この機能を市場で解除することはできません。
現在、全国の缶・PET清涼飲料自販機は全てピークカット機能付のエコベンダーになっています。
自販機業界は、これまで大幅な消費電力量の低減を行ってきました。また、現在、省エネ法の特定機器に指定され、2012年を目標年として更なる省エネを進めているところです。
皆様にご理解頂きますようお願い申し上げます。
スポンサーサイト
Secret

電力使用状況&電気予報

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。