スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電の社員の仕事は、どういう方向でやるのでしょう?

東電、6月3日まで原則打ち切り」 産経ニュース

東電社員の技術系の方は、6月までどういった仕事をなさるのでしょうか?
鉄道関係の変電所からも送電STOPできるような作業をされていくのでしょうか?

再度、計画停電を行う場合に備えて21区での区割りを考えたりするのでしょうか?
新たなグループを追加する準備はするのでしょうか?

こんな資料もあります。
経済産業省 4月8日開催 電力需給緊急対策本部
この中の資料3「夏期の電力需給対策について」

(万一のときのための対策)
• 計画停電は万一のときのセーフティネットへ。


セーフティーネット、セーフティネット (safety net)と は、「安全網」と訳され、網の目のように救済策を張ることで、全体に対して安全や安心を提供するための仕組みのこと

計画停電の対象地域の人々は、全体の中に入らないのでしょうか?
全体からこぼれ落ちそうな(落ちた?)人を救済するのがセーフティーネットなのではないのでしょうか?
ライフラインのひとつである電力を絶たれた人たちをセーフティーネットにする気なのでしょうか?




追記はリンク先元記事のコピー



東電、6月3日まで原則打ち切り
2011.4.8 12:09

電力需給緊急対策本部の会議であいさつする枝野幸男官房長官。右は海江田万里経産相=8日午前、首相官邸(酒巻俊介撮影)
 東京電力は8日、地域や時間帯を決めて電力供給を止める「計画停電」を、当面は6月3日まで原則、実施しないと発表した。定期検査で停止中の火力発電所が相次ぎ稼働して供給力が増しているほか、平年より気温が高めに推移し、暖房需要が減ることから、供給に不安がないと判断した。

 東電によると、企業や家庭の節電なども寄与して、4~6月前半までの電力需要は最大でも3800万キロワット程度で推移すると見込んでいる。一方、供給力は、停止した発電所の復旧などで3900万~4200万キロワットを確保する見通しで、「一定の余裕をもって電力を供給できる」(藤本孝副社長)と説明している。

 ただ、夏場は厳しい状況も予想される。冷房需要が伸びる夏場は、最大電力需要が5500万キロワットと見込まれる一方、東電の供給力は4650万キロワットと、1千万キロワット程度の供給不足が生じる見込み。このため、東電は火力発電所の復旧を急ぐほか、ガスタービンの緊急設置、自家用発電設備をフル活用し「最大5000万キロワット程度の供給力確保を目指す」(藤本副社長)。また需要面でも企業や家庭向けに節電を呼びかけ、夏場も、計画停電の不実施を目指すとしている
スポンサーサイト
Secret

電力使用状況&電気予報

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。