スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発って、高コストなんじゃないの??

YAHOO!ニュース 読売新聞
2011.7.3
20年後の電気料金、原発撤退なら月2千円増
東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、原発存続の行方が注目される中、日本学術会議の分科会(委員長=北沢宏一・科学技術振興機構理事長)は、原発の撤退から現状維持・推進まで六つの政策の選択肢ごとに、標準家庭(1か月約6000円)の電気料金が、どれくらい増えるかの試算をまとめた。

 現在、稼働中の原発が定期検査を迎える来夏までに全原発が停止した場合は、火力発電に切り替えた後、温室効果ガスを減らす再生可能エネルギーの比率を高めていく。国際的な削減目標を達成するための対策が本格化する2030年には、標準家庭1か月の電気料金の上乗せは、2121円と算出した。


この北沢宏一なるお方が、どのような人物なのか?と調べてみたらこんなものを見つけた。

北澤 宏一(日本学術会議 東日本大震災対策委員会「エネルギー政策の選択肢分科会」委員長)
◆原発ないと日本は本当にやっていけないか


こんな記事も発見。
nikkansports.com
東電の原発収益4兆円弱 教授が試算
東京電力がこれまでに原発部門全体で得た事業報酬(収益)は4兆円弱で、福島第1原発事故の賠償額はこれと同レベルか、賠償額に足りない可能性があるとの試算結果を、立命館大の大島堅一教授が28日までにまとめた。

 国内の原発の電気は水力や火力発電より割高だとの試算結果も得られ、原発推進の大きな根拠とされていた経済性への疑問が強まった形だ。


こんなのも。
2011.7.3 毎日jp
脱原発:50年の経済影響なし 東京大准教授試算
現在、日本の電源は原発約3割、火力約6割、太陽光を含むその他が約1割。試算では、太陽光パネルの寿命は20年で、発電量は年率1%で劣化するとした。50年までの電力需要を考慮し、(1)原発を段階的に廃止し、その分を太陽光が代替する(2)原発はそのままで、太陽光が普及していく分、火力を減らす(3)原発はそのままで、太陽光は住宅への普及限度の1000万戸まで増え、その分の火力が減る--の3ケースで分析した。

でも、太陽光って天気の悪い日が続いたら、どうなるのでしょうか?


それから、河野太郎氏の2011年4月28日のブログ「トップを副社長で天下りさせていただくと...」から一部抜粋。
「で、だれがコストを計算するのかというと、電力会社。で、それが正しいかどうかのチェックはとたずねると、自由化したので、料金は申請主義。

それなら電力会社は勝手に好き放題できるじゃないかとたずねると、そうならないように、(トップを電力会社に副社長で天下りさせていただいている)エネ庁が電力会社の決算と見比べて、かけ離れたものにならないようにチェックしている(ふりをしている)。」




原子力による発電は・・・揚水発電との係わりや送電ロス(高圧送電線の費用)等、廃炉にするにも時間やお金も必要なうえ、建設地域にばら撒かれる費用や事故を起こした場合の費用等々を考えてみると圧倒的に高コストな気がするのですが。


よくわかる原子力
http://www.nuketext.org/index.html

続きを読む

スポンサーサイト

電力使用状況&電気予報

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。