スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

供給余力の目安

3月は供給余力が8~9%に近づいたら、計画停電を実施していたそうだ。

通常であれば、供給余力は20%ぐらいは欲しいそうだ。(by経産省)

夏期は・・・
がんばって、5~6%ぐらいにはしたいとのこと。

ただし、供給余力はひとつの目安であって、
上昇率や気温の変化なども勘案されるとのこと。



3月にでた経済産業省の「東北地方太平洋沖地震による省エネルギーへの協力依頼について」の中にある
省エネルギーへの協力依頼 要請先一覧」。
これは経産省管轄の企業等らしい。
つまり管轄外の団体等へは、管轄の省庁へお願いしたらしい。



スポンサーサイト

レベル2なの?

産経ニュース
停電回避へ節電警報メールを配信 1日からスタート
東電提供の電力供給、使用に関するデータや気温などを分析。レベルを3段階に分け、状況に応じた節電メニューを自治体を通じて住民に送信する

実証実験は5月と6月に計3日間行われ、約110世帯のうち約8割がメールで節電に取り組み、使用電力量は平均25%削減された。


リンク先にメールに表示される節電メニュー、対策の具体例というのがあるのだが、
レベル1:供給が十分に上回っている
       ・エアコンの設定温度を1~2度上げる
レベル2:供給に対して需要が近づくと予想される
       ・不要と思われる電灯を消す
と書かれている。

えっ?
これって、レベル1と2逆じゃない?って思うのは私だけ?
っていうか、「不要と思われる電灯を消す」って、
当たり前のことじゃない?
まぁ、自分では消すことのできない「不要と思われる電灯」っていうのは、見かけるけど。


でも、最後にこう書いてありました。
「センター側は24日、都内で記者会見を開いて取り組み内容などを説明。「クーラーの使用量が増える夏場の節電効果は未知数だが、運用しながら節電メニューを変えるなど改善を進めたい」としている。


参加を決めたのは、荒川区、千葉県柏市、横浜市、川崎市。


続きを読む

電力使用状況&電気予報

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。