スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もんじゅ引き抜き完了

6月24日 asahi.com
もんじゅ炉内落下の装置、引き抜き完了
落下していたのは、核燃料のプルトニウムを装着するときに使う「炉内中継装置」(直径46センチ、長さ12メートル)で、引き抜き作業は予定より7時間近く遅れた23日午後8時50分から始まった。装置は昨年8月に落下した衝撃で変形したため、炉の開口部のさやと一緒に、クレーンでつり上げた。約8時間かけ、24日午前4時55分に引き抜いた。

気になるのは、やはりこの一文でしょう。
炉内に脱落した部品がなければ、今年度中に試験運転を再開したい構えだ

YAHOO!ニュース 読売新聞
「「もんじゅ」炉内落下の装置、回収完了
高速増殖炉は、国がエネルギー政策の柱と位置づける「核燃料サイクル」の要となる施設。このトラブルで機構は、2012年度内としていたもんじゅの本格運転開始時期を13年度内に変更し、今年度中に発電を伴う出力40%での試験運転を行う計画だ。ただ福島第一原発事故を受け、福井県や敦賀市は安全確保を強く求めており、計画がずれ込む可能性もある。



6月19日の読売新聞にはこんな記事も出ていました。
「もんじゅ」厳しい視線
もんじゅは、プルトニウム燃料を生み出す必要から、冷却材として液体金属のナトリウムを使用。水や空気に触れると燃える性質があるため、これまでは、ナトリウムが流れる配管破断などの安全対策が注視されていた。
 福島第一原発では炉心にいかに水を注入するかが課題となっているが、もんじゅは水を使えない。全電源を失った場合、蒸気発生器につながる2次冷却系の配管の弁が自動で閉じ、ナトリウムが「空気冷却器」に流れるよう、自然循環モードに切り替わる。
 運転時の1次系ナトリウムの熱は約530度。解析では、停止時に2次系ナトリウムに伝わるこの熱が、配管を外気にさらしている空気冷却器内を流れて温度を下げ、1次系ナトリウムが、3日間で250度以下の低温停止状態になるという。ただ、本当に機能するかどうか、実際に運転してみないと分からない。
 同検討委員会では、「冷やしすぎてナトリウムが固まる恐れがあるのでは」「電源喪失を伴う大事故であれば配管からナトリウムが漏れるのではないか」――。想定外の事故に対するもんじゅへの不安は尽きなかった。1、2次冷却系の配管は3ルートあり、いずれも自然循環が機能しない「想定外」の事態になれば、現システムで打つ手はない。

機構は事故後も今年度内に予定する出力40%試験運転を「計画通りに進めたい」(鈴木篤之理事長)とするが、県や敦賀市は安全確保を慎重に見極める方針で、先行きの不透明感が増している。福島の事故後、緊急時の手順書の見直し作業などを進める弟子丸剛英・もんじゅ技術部長は改めて気を引き締める。「もんじゅで事故が起きれば、将来のエネルギー確保に必要と信じる高速増殖炉の開発は終わってしまう」。(藤戸健志)

えっと・・・
確か、既に誤作動や事故起きていますよね?


こちらは、2011年2月5日の産経ニュース
「もんじゅ」復旧工事に追加費用9億4000万円
機構によると、約9億4000万円は原子炉容器内の装置回収に使う器具の製造や、回収後の装置の検査などにかかる費用で、1月28日に東芝と工事契約を結んだ。平成23年度の国の予算案に盛り込まれている。



とりあえず、無事に引き抜くことができてよかったです。

平成23年 6月24日
独立行政法人日本原子力研究開発機構  敦賀本部
高速増殖原型炉もんじゅ炉内中継装置の引抜き作業の完了について(お知らせ)」(pdf)






続きを読む

スポンサーサイト

流れを確認してみる

3月25日 東京電力
今夏の需給見通しと対策について
現時点で今夏の供給力としては4,650万kW程度となるものと見込んでいます。
  一方、今夏の最大電力については、地震の影響や節電の効果が見込まれることから、記録的猛暑だった昨年に比べ、約500万kW低い5,500万kW程度(発電端1日最大)と想定しています。(夏期における平日平均の最大電力は4,800万kW程度と想定。)
     7月末       (3月24日実績)
需要 5500万kW   (3729万kW)
供給 4650万KW   (3650万kW※)※揚水発電を除く



4月8日 産経ニュース
夏の電力制限、大口は25%削減 政府案を公表
対策の柱として、ピーク時の最大使用電力を大口需要家に対して25%程度、小口需要家で20%程度、一般家庭で15~20%程度をカットするよう求める。



4月15日 東京電力
今夏の需給見通しと対策について(第2報)
現時点での今夏の供給力を、5,070万kW~5,200万kW程度へと上方修正いたします。
      7月末     8月末
需要 5500万kW 5500万kW
供給 5200万KW 5070万kW




5月13日 東京電力 
今夏の需給見通しと対策について(第3報)
今夏の供給力を5,520万kW(7月末)~5,620万kW(8月末)へと上方修正することといたしました。
      7月末     8月末
需要 5500万kW 5500万kW
供給 5520万KW 5620万kW

5月13日 ITmediaニュース
政府、夏の節電目標は一律15%に 電力不足対策を決定
これまでは大口需要家(契約電力500キロワット以上)には25%、小口需要家(500キロワット未満)には20%、家庭には15~20%の節電を求める方針だったが、これを一律15%に緩和する。

5月13日 電力需給緊急対策本部
夏期の電力需給対策について」(pdf)
この結果、今夏の供給力の見通しは、東京電力で5,380万kW(7月末)、東北電力で1,370万kW(8月末)となり、最低限必要な需要抑制率は、東京電力で▲10.3%、東北電力で▲7.4%となる。

こうした観点から、東京・東北電力管内全域において目標とする需要抑制率を▲15%とする。


5月25日 東京新聞
病院や鉄道 節電緩和
政府は二十五日、東京、東北の両電力管内で大口需要家(契約電力五百キロワット以上)を対象に七月一日からの発動を決めた電力使用制限令で、原則、昨年のピーク比15%減とする削減率に例外規定を設けると発表した。公共性の高い医療機関や鉄道など約三十分野が対象で、削減率に0%(昨年並み)、5%、10%の三段階の緩和措置を設ける。

5月25日 経済産業省
電気事業法に基づく使用制限の具体的内容について」(pdf)



5月13日から25日の間、供給力も増えていないのになぜか節電緩和。



需要予測が5500万kWなのは、
「昨年夏の最大電力は、5999万kWを記録(7月23日)。今夏の想定最大電力5500万kWには、地震後のお客さまの節電へのご協力や、震災による生産減少からの一部回復を勘案し、昨年並みの最大電力より500万kW低い水準を見込んでいる。」と「今後の需給見通しと対策について」に書かれている。
でも、この記載があるのは『第3報』のみ。

最初から需要予測は5500万kWだけど、見直ししているのかな。





続きを読む

電力使用状況&電気予報

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。