スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放送局は間違っている

「大規模停電が起きたら・・・」なんて、放送するのは間違っている。

大規模停電なんて起きないのだから。

大規模停電を起こさないために、計画停電があるのだから。


だから、
「電気が止まったら、こんな大変な事態になります。
春の計画停電では、こんな事故が起きました。
こんな工場が止まって、生活に支障が起こりました。
こんなにたくさんの商店や工場などの経営者、
従業員の人たちの生活に悪影響を与えました・・・等々」
と放送すべきだ。
そして、暑い夏に停電になると問題は春よりも深刻になります。

だから、
「計画停電を実施させることのないように
みんなで節電に協力しましょう!」
と放送するべきだ。
スポンサーサイト

今夏、気にかかること

多くの工場が土日に稼働し、休日は平日に移すという話をきく。
そうなると、毎日電気が足りない!という事態になるのでは・・・と気になった。
東電でも聞いてみたのだが、もともと土日はかなり電力消費量が少ないので大丈夫であろうとのこと。
確かに一般社団法人日本自動車工業会が作成した「夏期電力需要抑制に向けた輪番休日・夏期休暇シフトのご提案」(pdf)を見ると平日のピーク需要約5,800万Kwに対して、土日は約4,800万Kwとかなり少ない。(4頁目)
なるほど、大丈夫なのかしら。
 私が聞いた社員の人は、今夏よりもこれから先(原発がすべて動かせないような事態になったら・・・)のことを心配していた。

もうひとつ、気にかかること。
夏も「大規模停電の恐れ」がアナウンスされるのでは・・・ということだ。
なにかから目をそらせるためか、原発の必要性を訴えるためか、神奈川県知事(県民)への嫌がらせかなにかは、わからないが、今夏の最高気温が出そうな日に計画停電を実施するのではないか?ということだ。
先日公表された新しいグループ。基本的に神奈川県はDグループに組み込まれている。
そして、都合のいい?ことに第2グループはDグループから計画停電が実施される予定になっている。
しかも、多摩地域も含まれるものの対象軒数は最大の163万軒だ。
これは・・・もう、東電だか経産省だか政府だかわからないけれど、どこかに何かの意図があるとすれば、停電実施したいであろう。
ただひとつ、興味深いのはこの第2グループDの中にあの「武蔵野市」が含まれていることだ。
今回はダミー地域はなく必ず実施との話なので、停電が実施された場合には要注目だ。

電力使用状況&電気予報

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。