スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の実績は考慮されない?!

東電に何度も聞いた。
「万が一、夏にも計画停電をする場合には『春の計画停電の実績を考慮する』」と。

でも、新しく発表されたグループ分けを見てみると、グループ数に変わりはない。(下のpdfファイル、別紙1)
万が一計画停電を実施せざるを得ない場合の運用見直しについて」(pdf)
どうやって、考慮するのだ?
また、春の時のようにダミーと同じで第1グループのAだけどなんでか停電しなかった♪といった具合で停電回数を減らすのか?


第6グループ、第7グループ・・・を作る。
あるいは、
F、G、H・・・を作る等といったことをしなければ、春の実績を考慮できないのではないかと思うのだが。
違うのか?
頭の良い人たちが考えることは、私には理解できない。
そもそも、これだと一度に停電する地域が増えるだけ(=1回あたりの送電停止量が増えるだけ)ではないのか?
15日になれば、私にも理解できるようになるのか。

下に注意書きで、
「配電線の状況精査等により対象外となった市区町村がございます」とあるが、これは足立区、荒川区への送電とは関係ないのかな。
スポンサーサイト

復活

東京電力、夏の計画停電は1日1回、2時間以内に短縮」 家電Watch
計画停電の実施回数については、1日1回限りとし、停電時間も9時30分から20時までの間で、2時間以内に制限される。停電時間帯は、第1時間帯が9:30~12:10、第2時間帯が11:30~14:10、第3時間帯が13:30~16:10、第4時間帯が15:30~18:10、第5時間帯が17:30~20:00。計画停電の回数、時間に関する予定は、6月15日より公開される。

さて、6月15日に公開される計画停電の予定は東電が言っていた通り、春の計画停電の実績が考慮されたものになるのでしょうか?

それにしても東電のプレスリリース(下のpdfファイル)、「「でんき予報」開始によるお客さまへの節電のお願い等について」の中にひっそりと紛れ込ませているような気がするのは、私だけでしょうか。
万が一計画停電を実施せざるを得ない場合の運用見直しについて」(pdf)

東京電力「計画停電の運用について

横浜は全域となった?ようですが、横浜駅周辺はどれくらいの範囲が影響をうけるのでしょうか。
駅ビルは?近隣のビルは?
23区の一部の地域よりもはるかに信号機等の数も多いような気がしますが・・・
また、23区であるために除外となった荒川区と足立区に送電している埼玉では除外となる地域ができたのでしょうか。気になります。
もしも、送電していた埼玉は引き続き計画停電対象地域で荒川区や足立区だけに送電可能であるならば、23区内もっと小分けにして住宅地の多い地域だけでも停電対象地域にできるはずです。
どうなったのでしょう。

続きを読む

電力使用状況&電気予報

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。