スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑豆が「需給調整契約」の契約企業を調べていた

2003年にグリーンピース・ジャパンが東京電力管内で「需給調整契約」に契約している企業等を調べていた。

契約している施設のリスト」 グリーンピース・ジャパン

東京23区の区役所は豊島区役所および回答待ちである世田谷区役所以外は、すべてが需給調整型の契約を結んでるそうだ。
ところで、この資料には施設ごとに「契約電力(kW)」と「 調整電力(kW) 」というものが載っているのだが・・・
足立区役所と文京区役所の契約電力が異常に高い。
平均が1457kWなのだが、
足立区 3900kW
文京区 3400kW
一番少ないのは北区で640kW
ちなみに高島屋 立川店が3550kW
足立区と文京区、なんでこんなに高いのだ??
なにかの施設とかが一緒にあるの?
よくわからん。


ところで、この需給調整契約だが「契約者は、電力需要が逼迫した時に、電力利用を削減する義務を負う代わりに、割引料金が適用される。」そうだ。
そして、この契約には以下の3種類があるとのこと。

通告後すぐに使用制限する契約(神戸製鋼所など23件)

使用制限1時間前までに通告する契約(約500件)

使用制限3時間前までに通告する契約(約700件)

(「計画停電でいいのか」河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしりより)

契約により使用制限発動させる順番等あるのかもしれないが、
とりあえず、停電が実施されない23区内の施設はサクッと使用制限していただきたい。
契約停電対象地域の施設は、イザというときの停電担当だし後回しでいいでしょう。
需給調整契約を活用しないとなると、ただの需給調整契約と名づけただけで、実態はただの割引プランになっちゃいますからね。

これが需給調整契約だ
河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり


グリーンピースによると2003年時点で東京電力は「需給調整契約」の拡大方針はとっていないとのことでしたが、現在は契約拡大の方針らしい。
東電が「需給調整契約」拡大の方針
(4月10日 イザ! 産経新聞)

でも、この時期に節電努力でよかった企業がペナルティ(違反すると100万円以下の罰金)のある受給調整契約を結ぼうとするのでしょうか?


ちなみにグリーンピースに「東京電力によると、これまでに約3000件の契約が成立し、調整電力(ピーク時からずらしたり、減らしたりする電力)は、東京電力5月当初の7月分目標80万kWを上回る140万kWに達しているそうです(2003年7月28日現在。同社への聞き取りによる)。」とあるのですが、2003年時点ではピーク時に140万kWカット可能ということでOK?

続きを読む

スポンサーサイト

電力使用状況&電気予報

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。