スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最短週10分。臨時は1回5分。年収は1650万円。

原子力安全委員 最短週10分の会議出席で年収1650万円」 イザ!(週刊ポスト2011年4月15日号)
 
同委員会は原子力の安全確保のために内閣府に設けられた「原発の監視役」で、事故が起きれば専門家としての知見を国民に示す立場にある。

同委員会は委員長以下、委員5人はいずれも常勤の特別職公務員。ただし、常勤といっても定例会議は週1回だけ。議事録を確認する限り、会合は最短で10分弱、長いもので1時間半だった。これで約1650万円の年収(月給93万6000円とボーナス)を貪っている。

なお、内閣府には原子力関係予算の配分を審議する「原子力委員会」もあるが、こちらの委員(常勤3人)も同額だ。だが、事故発生後の会議はすべて休会となっている。今、働かなくていつ働くのか。




ヒドすぎる原子力安全委員会の会議内容」 将来世代のための地球環境論

<以下、記事転載>

こんばんは。

原子力安全委員会がどんな議論をしていたんだろうと思って、ホームページで議事録を読んでみたのですが、これってヒドすぎますね。

ちょっとご紹介しましょう。

http://www.nsc.go.jp/anzen/shidai/index.htm

3月11日 第16回臨時会議

  5分で終了 !! 地震当日なのに、恐ろしいことが起こる予想はしなかった?!

http://www.nsc.go.jp/anzen/soki/soki2011/genan_so16.pdf

3月14日 第17回臨時会議

  またしても5分で終了 !! おいおい、12日と14日に「水素爆発」というのが起こったと推定したんでしょ !!

http://www.nsc.go.jp/anzen/soki/soki2011/genan_so17.pdf

3月17日 第18回臨時会議

え゛~!! またまた5分で終了 !! 15日は2号機と4号機も爆発したんですよ~!!

しかも、前回と同じ議題~?? 線量限度の告示? またまた配布資料なしで議論か?

http://www.nsc.go.jp/anzen/shidai/genan2011/genan018/index.html

3月25日 第19回臨時会議

  やっと安全問題を考える気になったか !!

でも26分だけか?!

何々読んでみると、こんな議論~!!

「定期中」は「大気中」のワープロミス。

  「空間線量率葉」は「空間線量率は」のワープロミス。

  「よって行う」は「によって行う」のミス。

  「EXEL」は「EXCEL」のミス。     ← 議論の継続中です !!

  資料3で、「今後、当面の間、原則毎日原子力安全委員会から公表することとする。」という文書を決定したのに、議論の半分以上は、ワープロミスの指摘か~!!

http://www.nsc.go.jp/anzen/shidai/genan2011/genan019/index.html

3月28日 第20回臨時会議

  議題「福島第一発電所2号機タービン建屋地下1階の滞留水について(助言)」

  うん。やっとそれらしき議題だ !!

でも、え゛~。9分で終わり~ !!

http://www.nsc.go.jp/anzen/shidai/genan2011/genan020/index.html

4月4日 第21回定例会議

  定例会議だから、今度はいろいろ議題がありますね。

  3号機で「ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料」を許可するという話も資料にあります(資料3の15ページ)。

  でも、この大変な時期に、定例会議?

  米国の原子力規制委員会のアドバイスを受けたりとかしているのに、恥ずかしくないの??

http://www.nsc.go.jp/anzen/shidai/genan2011/genan021/index.html

まあ、ひどい委員会だろうとは予想していましたが、議事録を読んでみると、もっともっとヒドかったです。

国民をなめきってますね。

こんなものは即刻廃止です !!

<以上>






続きはリンク先元記事のコピー

続きを読む

スポンサーサイト

毎日jpによる計画停電の検証

検証・大震災:混乱「計画停電」(1)死者出れば政権吹っ飛ぶ

東電は区域を決めて意図的に電力供給を止める計画停電に踏み切るしかないと判断。13日午後、清水正孝社長が菅直人首相に「このままだと大規模停電になりかねません」と報告した。
 しかし、首都圏の鉄道網などが大混乱するのは目に見えている。複数の政府高官によると、枝野長官は「せめて14日午前中だけでもやめてくれ」と詰め寄ったが、藤本副社長は「お言葉ですが、落雷で停電しても死者が出たという報告はありません」などと反論、枝野長官が「今回は意識的に止めるんだろう」と怒りをあらわにした。
 枝野長官が譲らなかったのは、大塚耕平副厚生労働相らから13日夜、「病院や在宅患者宅に緊急の電源を確保するよう徹夜で連絡しても、14日朝には間に合わない」と報告を受けていたからだ。「死者が出れば政権が吹っ飛ぶ」との声が政権内に上がった。枝野長官は「大口事業者に泣きついてでもやめるんだ」と重ねて迫った


検証・大震災:混乱「計画停電」(2)首相の影は薄かった

計画停電は13日に正式に官邸に伝えられ、首相が夕方に了承、枝野長官を本部長とする電力需給緊急対策本部設置が決まった。計画停電は東電が午後6時半に発表することになったが、急きょ延期される。東電は「官邸からストップがかかった」と説明するが、官邸は「東電が医療や鉄道など関係機関と何の調整もしていなかった」と主張。


検証・大震災:混乱「計画停電」(3)遅れたグル-プ分け

間違いの多発は、本店の担当者を中心に作業した結果だった。計画停電は対象地域の変電所からの配電を停止するが、変電所の配電エリアは自治体単位ではない。同じ町内でも変電所が異なるケースがある。支店が熟知するこうした細かい情報は本店にはなく、情報交換もなかった。

細川律夫厚労相は事前連絡をしてこない東電への怒りを募らせた。在宅で人工呼吸器などを使用する患者をどう保護するか。大塚耕平副厚労相や医療現場を所管する大谷泰夫医政局長らを招集し指示した。「一人も犠牲者を出すんじゃない。在宅医療患者は末端まで連絡してくれ」


検証・大震災:混乱「計画停電」(4)鉄道の大動脈断絶

鉄道事業を監督する国土交通省は、菅首相が前夜に計画停電を発表する直前まで詳細な実施予定を知らされていなかった。官邸や東電から連絡はない。同省鉄道局幹部が情報を得たのは鉄道事業者からだった。
 「聞いてないぞ」。それでも大きな混乱が生じる間引き運転になるとは予想できなかった。「対象から鉄道事業者を外すよう東電に指導してほしい」。所管する経済産業省・資源エネルギー庁に鉄道局長名で申し入れたのは混乱当日の14日。対応は後手に回った。


検証・大震災:混乱「計画停電」(5)経済活動揺るがす


検証・大震災:混乱「計画停電」(6)何で被災地が


検証・大震災:混乱「計画停電」(7)暗闇に包まれた


検証・大震災:混乱「計画停電」(8止)「ブラックアウト」寸前

政権内でも景気への影響を懸念する与謝野馨経済財政担当相が「産業界の負担が重過ぎる」と見直しを要求。経産省は結局、東電に福島第1原発から30キロ圏内にある被災した火力発電所の復旧を急がせ、夏場の供給力を5500万キロワットまで積み上げさせることで15%削減に緩和した。が、実現を危ぶむ声もくすぶる。

 電力問題は迷走含みのまま夏に向かう。





続きはリンク先元記事のコピー

続きを読む

電力使用状況&電気予報

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

プロフィール

bunkichi

Author:bunkichi

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。